So-net無料ブログ作成
カーネーション ブログトップ

『カーネーション』大団円 [カーネーション]

 ついに『カーネーション』が大団円を迎えましたね。  

 最後の週も、思い出の二階の部屋の改装や最後に見ただんじりや、そして周防さんの娘とばったり遭遇するなど、胸がいっぱいになる場面ばかりでした。 でも、それ以上に最終回の締めくくりがあまりに見事すぎて・・・もう完全にやられた!と思いました。 本当『カーネーション』は朝ドラの金字塔を築いたと思いましたよ! 
 
 最終回では、前の回にすでに糸子が死んでしまって一体何をやるつもりだろう?と思っていたら、何と現実の世界と同じようにドラマの中でも、彼女が朝ドラの主人公となったのには驚きました☆ そして、ドラマの頭に登場した「ふたりの糸子のうた」を歌う二人の糸子がブラウン管に再び映し出されたときには、胸に熱いものがこみあげてきてついには泣けてしまいました。

 このメビウスの輪のように、ぐるぐるまわって現実世界とドラマの世界が境がなくなり、つながっている感じ・・・糸子が笑ったり怒ったりときめいたり涙したり、そんな感情すべてが現実に生きる私たちの気持ちとシンクロして物語の彼女と一緒に生きてきたように思える・・・これが『カーネーション』というドラマの醍醐味だったんだとあらためて強く感じた瞬間でした。 

 彼女が「このたび死にました」と明るく言いながら、親しい人々の間に 日々の風景のなかに精霊のように出てきたところもよかったですね。 何十年と続いた朝ドラ至上、幽霊にまでなって出てきたヒロインは多分糸子ひとりだったのではないでしょうか(笑)

 それから、あの余命数ヶ月と言われていた彼女が、糸子の死後も元気で幸せそうにしているのを見たときも驚きました!

 糸子は真っ直ぐな気持ちで心をこめて「洋服」をつくり続けることによって、多くの人々に明るい希望と生きる勇気を与えてくれました。 それはドラマの中の人たちだけでなく、ドラマを見ていた私たちに対してもそうだったと思います。 だからこそ、彼女の死んでしまった後も、その思い出を胸に忘れない限り、彼女は親しい友人として私たちのそばで微笑んでくれているような気がします、ずっと永遠に・・・

 ・・・と、気が付くとまたまた感想文ではなく感動文に・・・すみません^_^;

 いや本当、晩年を演じられた夏木マリさんも含めて尾野さん、二宮さんと糸子を演じられた3人は本当生き生きとした入魂の演技で素晴らしかったと思います。 それから、なんと言っても土台をつくられた渡辺あやさんの脚本の素晴らしさですよね! その他、撮影、演出、美術や衣装など、面白いドラマをつくろうという気概があふれているのが感じ取れて見ていて本当に気持ちがよかったです。

 俳優さんやスタッフの方々には、本当に素敵なドラマをありがとうございました! そしてお疲れ様でした。 『カーネーション』が終わってもう毎朝見られないのはすごく寂しいと思いますが、また別のドラマや映画で再び出会える日を楽しみにしています。

 ・・・と言いつつも、すでに尾野真千子さんは、6月からWOWWOWドラマに出られるそうですし、綾野剛さんは早くも4月からの連ドラですぐにもお会いできそうですね(笑) 本当『カーネーション』で素敵な方たちとたくさん出会えたこともとっても幸せでした♪ 


 いつも応援ありがとうございます!

 よろしければポチッと一押しお願いします。
 ↓

web拍手 by FC2

nice!(2)  コメント(3) 

『カーネーション』尾野真千子さん退場 [カーネーション]

 先週の『カーネーション』・・・ついに尾野真千子さんが退場しましたね。

 そして最後なのか、本当に印象に残る場面やセリフばかりで、朝からじわじわきて困りました(笑)

 何よりまず、周防さんの再登場ですね。 

 彼の奥さんが亡くなったということで、それはただ名前だけの登場でしたが、糸子の夢の中では、忘れられない思い出の姿が次々と出てきました。

carnation.jpg

 音のないモノクロの映像が いとしい面影を次々と映し出し

 初めての抱擁に 想いをこめて贈られた桜の花だけが薄紅色に色づく

 
 ここ、本当に美しくて息を飲みました! 戦争末期の糸子が赤い花を手のひらに載せたシーンと並ぶ、カーネーション屈指の名場面ではないでしょうか。

 その後、一瞬の差で彼とは再会できず、組合長から彼が長崎に帰ると教えられて「さびしないですやろか・・・」と涙を流しながらも、結局彼女は長崎まで彼の後を追っていくことはしませんでした。 せつない恋の最後はやはりせつなく終わるさだめだったのでしょうか。 

 晩年に入ろうとする糸子の生き様は、弱いところも強いところも相変わらず彼女らしくて、気が付くとまるで彼女と一緒に人生を歩んできたように自然に自分の気持ちを沿わせていました。

 窓辺から岸和田の夜の町並みをいとおしげに見て「極楽も地獄もこの窓から見てきた。 うちの宝は全部ここにある」という糸子

 「うちはなくさせん。 相手が死んだだけで何もなくさせん」と不敵にほほえむ その孤独を秘めた強さにも涙が出ました。 

 にぎやかな祭りの宴の片隅で、母の千代さんが幻の善作さんに再会して勺をしたところもよかったですね。 彼女も間もなくあちらの世界に行くようで、でも幸福そうで本当によかった。 きっと天国でも酒好きの善作さんのためにずっと勺をし続けるんでしょうね・・・

 そして、最後の最後、夕闇にそこだけ光を受けて輝くミシンを背に ほろ酔い気分で幸せそうに笑う糸子の顔・・・ただひとつの大切なものを心に 彼女はまた前に進んでいくのでしょう

 もう本当に尾野真千子さんの糸子は素晴らしかった!の一言です。 役との一体感がハンパじゃなかったと思います。

*************************************************************************************

 そう言えば、先週は、ドラマだけではなく、昼のスタジオパークでも尾野真千子さんがゲストで出て、本当カーネーション祭りを満喫しました♪

 それにしても、尾野さん、人見知りでいらっしゃるとか、え? とちょっと意外に思いました。 「舌打ちなんてしたことありません」とおっしゃっていましたけど、スタッフの方々の印象をうかがうと、「尾野さん=糸子」という方が多かったので、本当のところはどうだったのでしょう?笑

 そして、すべて収録が終わった直後だったせいか、共演者の方のコメントを聞いてよく泣かれていましたね~。ハンカチを貸してもらって涙を拭きながら一生懸命受け答えする姿がとても可愛かったです。 そういう素直で感情豊かなところは本当糸子に重なりましたよ。 

 それから、後を引き継がれる夏木マリさんについて、これ以上ないほどの敬意をはらわれていたのが印象に残りました。 方言と言う点では関東の方だから少し違うという違和感があるかもしれないけれど、「気持ちを伝える」と言う意味ではこれ以上ない人と、ひとつひとつの言葉に力をこめて語る口調に誠実な人柄がみえて、あらためて糸子を演じるのにふさわしい人と思いました。

 最後になりましたが、ちょっと個人的な印象について書かせてください。 実は私、尾野さんの顔を見ると、時にちょっと雰囲気が福山龍馬に似ているような気がしてときにすごく癒されていました(笑) 

 おでこや目元、結った髪の感じとか、それから、なんと言っても表情がすっごく豊かであいきょうがあるところですね・・・性格は余り似ていないんですけど、糸子は男勝りのどこまでも強い子だし龍馬はどちらかというとちょっとヘタレでしたよね(笑) でも、好きなことに対して無邪気で真っ直ぐだったり、芯が強くて情にあついところは似ている気がして時々こっそり重ねていました。 だから、糸子が世界を語るところでも佐藤さんの音楽が流れたりすると・・・もうそれだけで涙が出てしまって・・・すみません! 本当、龍馬伝病のたわごとですね~(笑)

 しかし真面目な話、佐藤直紀さんの音楽、そしてプログレッシブカメラの効果、照明の当て方など、『カーネーション』は本当正統的な『龍馬伝』の手法を継承したNHKドラマだったと思います。・・あ、いけないもう過去形になってしまいました^_^; 本当繰り返しになりますが、それだけ尾野真千子さん=カーネーションと思って見ていたものですから、もう先週が最終回のような気になっているのですよ(笑) 今週も楽しく夏木さんの新・糸子を見始めましたが、う~ん・・・まだ慣れるまでには少し時間がかかりそうです。

 ちょっと余談が入りましたが、尾野真千子さん、本当にこの数ヶ月の間、素晴らしい演技をありがとうございました! 糸子の真っ直ぐな気持ち、強さ、優しさに本当勇気をもらいました。 次の出演作も心から楽しみにしています♪


 ・・・それにしても、その次の日のスタパ、周防さ、もとい綾野剛さんが出るというので楽しみにしていたのに、また延期になったのにはがっかりです。

 だって、この前2月に放映といっていたのが、一度延びたところだったので、また!と。 新たな放映日3月8日(木)だそうですが、今度こそちゃんと放映されますように・・・

 今年からWeb拍手を始めました。

 よろしければポチッと一押しお願いします。
 ↓

web拍手 by FC2

nice!(4)  コメント(7) 

カーネーション第92話~第97話 [カーネーション]

 少し出遅れてしまいましたが、先週の『カーネーション』の感想です。

suohB2.jpg
 

 周防さん退場・・・

 わ~早すぎます~!(涙)・・・出来ればもっと見ていたかったのに~><


 それにしても、どこまでも切ない恋でしたね。

 最後に糸子が涙ぐみながら「うちはどうあっても周防さんを幸せにはできないんやな・・・」と言ったとき、思わず一緒に泣いてしまったほど・・・本当に切なかったです。

 副題の「隠しきれない恋」というタイトル通り、二人の仲があっという間に知れ渡り、修羅の真っ只中に入った展開は痛々しくて正視するのがつらい・・・のだけど、目が離せないというドラマチックさ、とにかく引き込まれました。


 ご近所の人たちに手をついて謝りながら、それでも「周防さんとそのご家族をうちが守らせていただきます」と強く言い切った彼女

 
 itokoC.jpg

 でも、最後には「何が違うんやろ?」「どこで間違ってしまったんやろ?」と悲嘆にくれる・・・ その強さも弱さも糸子らしいと感じさせてくれました。

 悲しい結末を迎えた恋でしたが、それでも戦争で傷ついた孤独な魂が寄り添うように惹かれ合う二人は「不倫」と言う言葉にまったく似つかわしくない、どこまでも純粋な恋人同士に見えました。 そして、その束の間の触れ合いの甘美さに酔いしれました。

 このドラマの照明の美しさは前から注目していましたが、二人の姿を浮かび上がらせる光と影の効果は素晴らしかったです。 逆光の妙技は言うまでもなく、最後のただ一度きり過ごした夜の笑い合う影法師の演出はまるでおとぎばなしか夢のなかの情景を見ているようでした。 

 ああ、周防さん・・・きまじめで大人しく、人を包み込むような優しさをもった・・・まさに絵を描いたように理想の恋人でしたよ!

 ・・・最後に、糸子がずきゅんときた周防さんを一枚。

suohC.jpg

 三味線を優雅に弾きながら「小原さんが指導に来られると聞いたので」という殺し文句が実にきいていました。 私は何たって、三味線というところにずきゅんとやられましたが(笑)ああ、高杉~><

 束の間の春の夜の夢・・・とでも言うべき美しい周防さん・・・糸子が「おおきに」と言ったように私も「ありがとう」と言いたいです。 本当に素敵な夢を見させてもらってありがとう!!

 ・・・と言いながら、周防さんを演じた綾野剛さんの他の出演作には興味津々です。 『るろ剣』などのこれから公開の作品はもちろんですが、Wikiで調べたところによると、『仮面ライダー555』がデビュー作なのですね☆ 画像を検索したところ、キャップ帽姿が線が細くて『電王』の健さんをちょっと思い出しました。 また綾野さんの古い出演作も徐々に見ていきたいです。

 今年からweb拍手を始めました。

 よろしければポチッと一押しお願いします。
 ↓

web拍手 by FC2

nice!(5)  コメント(5) 

カーネーション第91話 [カーネーション]

suoh.jpg

 昨日の『カーネーション』、 たった15分なのにまるで一本の恋愛映画を見たような夢見心地にさせられました。 

 糸子の「うちは恋しいんや」という発言のくだりに感動したのに続いて、最後の紅をひいて洋服を着た彼女のなんて綺麗なこと・・・! ちょっとバーグマンとか古い洋画に出てくる女優さんのようにも見えました。 恋する女だからでしょうね~・・・そう、考えてみたら男顔負けにつっぱしってきた彼女の正真正銘の初恋ではないですか!!

 あの最後、告白してから、ぎゅっと抱きしめられるまでの表情は本当に今まで見たこともない儚げな様子が女らしさにあふれていてぼ~っと見とれてしまいました。 本当こんな綺麗な人だったんですね~糸子って・・・


 周防役の綾野剛さん、彼が出てきてから『カーネーション』がさらに目が離せなくなってきました。 何と周防さんが出ている回は欠かさず録画をしていると言う・・・糸子のようにどんどん彼に惹かれているみたいです(笑)

 綾野剛さんは、『新撰組血風録』を見て以来気になる男優さんなのですけど、髪の長い姿はイマイチで、やっぱり時代劇限定かなと思っていたのですが、今回の周防さんはとてもよいですよ!(考えてみると、カーネーションも時代劇のようなものですね・・・)

 切れ長の目元に少し哀愁が感じられて、細くて大人しげで透明感があってどこか少年のようにも見える・・・長崎出身で長崎弁をしゃべるという役どころも風情があっていいですけど、何たって三味線が弾ける(!)というところに惹かれてしまいます(笑) と思って綾野さんをあらためて見直すと、史実の高杉に似ていないですか?(爆) 残された写真に目元とかソックリに見えるのは私の目の迷いでしょうか? ・・・と、伊勢谷さん以外の人で高杉になんて今まで考えたこともなかったので、完全な浮気ですね(笑)

 以前にも書きましたが、まだ正式発表されていない綾野さんの『るろ剣』の配役もすごく気になります。 一部の噂では蒼紫かもという声もあって、そうだとしたら、うわ~こんなダークホースもあったか~とちょっと嬉しくなっている自分がいます(笑)  ・・・ただ、カップリング(?)的に考えると、佐藤剣心伊勢谷蒼紫が絵的にはサイコーなんですけどね~^_^;

 気が付くと話がずれていました(笑) 糸子と周防さんとの恋・・・どうなるんでしょう~? 予告を見た感じでは・・・周りの人にバレるのかな? 周防さんの奥さんもどんな人か気になりますし・・・とりあえず『カーネーション』からは当分目が離せません。

 今年からweb拍手を設置してみました。 

 よろしければポチッと一押しお願いします☆
  ↓

web拍手 by FC2
 
nice!(3)  コメント(4) 
カーネーション ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。