So-net無料ブログ作成

梅雨の晴れ間 [近況]

 今日は晴れて暑くなりましたね。 

 梅雨明けがもうそろそろかと思うのですが、明けたら暑い夏と思うと明けてほしくないような・・・低血圧にはつらい夏ですからね。

hydrangea3.jpg

 たまには花の絵もと思って描いた家の紫陽花です。

 実はこの紫陽花、先月台風が二個同時にやってきたとき、うっかりベランダに出しっぱなしにしていたら、ひどい雨風に、無残にも花の茎がすべてポッキリ折れてしまいました。 花が駄目になってしまったのは残念でしたが、でも、その前に絵を描いておいてよかったとしみじみ感じた次第。

 いや、描いている私自身も更年期やら五十肩やら目のかすみやら・・・本当悲しいくらいいろいろ不具合は出てきているので、一期一会と言うか、本当描きたいと思ったら、描けるときには描いておきたいですね。 高杉の絵、好きな俳優さんの絵、等々・・・またアップの折には見ていただけると幸いです。


web拍手 by FC2

nice!(2)  コメント(2) 

ちょっと勇気がいりました [近況]

 震災後、相変わらず世間は不穏な状況が続いていますが、自分自身はと言うと徐々に落ち着いてきました。

 なんと言っても、物資の状況が少し改善されてきたのが大きいのかもしれません。 パン、米、紙類は普通に店頭に並び、ヨーグルト、納豆も種類は少ないですが、店を何軒か回れば買えるようになりました。 ただ、相変わらず単一、単二の電池は見かけませんが・・・

 体のほうも、少し前から、酷かった目の症状が落ち着いて、ホッとしています。 その代わりに、今度は鼻が苦しくなってきたのですが、目がやられるよりはずっとマシです。 とにかく花粉症は、季節が過ぎ去るまでということで、もうしばらくの我慢ですよね。

 先週は、被災地の方たちのために、自分の家にある余ったものに、買ってきたものを少し足して被災用物資として送りました。 それから、今後のことを考えて支援用の資金を作りがてら、ちょっとずつ不用品をリサイクルも始めました。 まずは、もう読まない本を仕分けて、うんしょと抱えて近くのブック〇フに。 家の中も片付いて、お金も僅かながら入ってくる。 現在、無収入のプータローなので、とてもありがたいです。 追々、フィギュアや人形等のオークションも再開しようかと考えています。


 『龍馬伝』リピート鑑賞会も再開しました。 今は第三部最後まで見たところで、今日第四部のBlu-rayが届きました☆

 わ~い、週末は『高杉伝』だ~♪ と思わず小躍りする自分☆

takasugi_destined_colorB.jpg

 「それも運命です」 微笑みながら呟いた高杉

 運命を受け入れる しかしそれに屈するのではない

 儚さと強さを同時にそなえた その花のようなほほえみ


 長い長い冬が続いていましたが、そろそろ桜の花が咲く季節でしょうか?  


 実は、これ、全く画面(or資料)を見ないで描いた自分なりの高杉です。 年明けから今までこっそり練習してはいたのですが、公にさらしたのはこれが初めて。 高杉に見えるかな~と恐る恐る・・・ちょっと勇気が要りました。

 でも、何が起こるかわからない今日この頃。 悔いが残らないように、これからもまた、自分絵の高杉をお見せしていきたいです。
nice!(2)  コメント(6) 

描きそびれていました [近況]

 大震災からすでに5日目となりますが、 目を覆うような甚大な被害に加えてさらに未曾有の原発事故と、未だ覚めることのない悪夢のような現実が続いています。

 被害の少なかった自分の住む神奈川県でも、輪番停電の実施によって、水、パンなどの食料品の一部、乾電池などが手にほとんど手に入らなくなりました。

 おそらく、震災の不安のあおりを受けて、人々が一時的にパニック状態になっているのでしょう。 朝はパンの代わりにパンケーキを焼いて代用していますが、 米、乾麺、小麦粉などの備蓄の食糧も限りがあるので、この状態がいつまで続くのか、やはり不安です。

 健康状態もあまりよくありません。 震災以前から花粉症で状態が悪かった目がさらに悪化して、目薬をさしても、余り効かず、心の不安と体の不快感に余り眠れず疲労がたまっています。

 それでも、直接甚大な被害を受けられた東北の被災地の方々に比べたら、こんなことは苦労のうちにも入りません。 おにぎり一個で寒さに震えながら避難所で生活を続けていらっしゃる方々が、どんな思いで日々を過ごされているのか・・・本当に想像を絶する大変さだと思います。

 自分に出来ることは、と考えて、献血は自分は体重が50kgに達していないので無理だったのですが、自分のできる範囲で募金をしました。 それ以外には、身近な方たちの心配や足手まといにならないように、とにかく体の健康を出来るだけ保って精一杯生きていく、本当に情けないことですがそれだけです。

 そんな落ち込みの激しい毎日ですが、ようやく少しだけ絵を描こうという気になってきました。

 一時期は、もうこんな気持ちでは二度と絵に戻れないと思っていたのですが、いろいろな方の励ましのおかげで、やっと少しだけ、です。 しおれかけていた花が僅かな陽の光を感じてそちらに向かうような、 正直、まだほんのリハビリ段階ですが、「生きる」ためにも、描ける状況にあるときは、少しずつでも描いていこうと思います。

 ということで、やはり『龍馬伝』、そして高杉です。

 震災前、Blu-rayでを見返していた時に、あ、この顔、このショット、描きそびれていたと思うものが結構あって、いくつか画像を保存していたものうち一枚を描いてみました。

takasugi_worried_E2.jpg

 武器調達に失敗して長州に帰還した高杉。

 絶体絶命の危機的状況にもめげず、誇り高く「長州は負けはせんよ」と皆の士気を高めた後、戦いの準備を整える兵士たちを見守りながら、自ら戦いの決意を固める-その悲壮な表情が心に残ります。

 予想以上に暗い絵になってしまいすみません。 もっと生命力が出る絵が描ければと思うのですが・・・とにかく祈るような気持ちで描きました。 長州のため日本のため精一杯命を使いきった高杉に、自分なりに気持ちを沿わせてみました。

 とにかく、一人でも多くの人が無事救助されますように、そして、被災された方々が一日でも早く元通りの平和な日常生活を送られますように、強く祈りながら、日々精一杯生きていきたいと思います。
nice!(2)  コメント(7) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。