So-net無料ブログ作成
検索選択

梅の人ふたり  [URA]

takasugi&ryoma_koubai_d.jpg

 
 11月15日龍馬の誕生日であり命日でもあったので、遅ればせながらイラストを描いてみました♪ が、やっぱり高杉を入れてしまったのは性ですね~^^;

 ともに梅を愛し、梅の名前をもつ二人のイメージで・・・

 以前にも書きましたが、龍馬は才谷梅太郎、高杉は谷梅之助と、逃亡潜伏時代にそれぞれ名前を変えていました。 高杉は詩歌も残っています。

 咲がけて 咲みつるこそ幸哉 春は梅にせかさかれこそする

 優美でありながら冬の寒空に花を咲かせる芯の強さ、周囲をうっとりさせる芳しい香り・・・否応なしに人をひきつける天性の魅力にあふれた二人にはこの花が似合いますね^^

 梅の花と二人の絵はまた描きたいと思っていたら、去年の三味線と梅の花の絵もまだ色を塗っていないことに気がつきました☆ 来年はまずあれから仕上げていきたいです~汗 

****************************************************

 そうそう、来年は大河がまた幕末と言うことで、そろそろ『龍馬伝』の再放送がないものかと思っていたら、ありました~!

http://www.ch-ginga.jp/sakidashi/201301.html

 CSのチャンネル銀河で来年の1月から先行で第一部が放映決定だそうです☆ NHKでないところはちょっと残念ですが、これで、また『龍馬伝』を見る人が増えるかと思うとやっぱり嬉しいですね^^

 番宣もかねてなのか、12月に容堂公=近藤正臣さんが龍馬ゆかりの地、高知長崎、山口、京都を巡るという特別番組「容堂公がゆく!龍馬旅」もあるというので、こちらも楽しみです♪ 実は、本編はブルーレイをもっていますが、グラナダ版の『シャーロック』や大河ドラマの『翔ぶがごとく』の再放送など他のラインナップもなかなかいいので、一寸グラグラしてきました^^;

 
 年末は、そう言えば伊勢谷さんが出る『女信長』もあるし何やかやと楽しい番組が目白押しで、スケジュールの調整に苦労しそうです(笑)


 何時も応援ありがとうございます!

 今回もよろしければ一押しお願いします。
 ↓

web拍手 by FC2
 
nice!(6)  コメント(8) 

KOREARATA [URA]

takasugi&ryoma&saigo_color2.jpg

 急に寒くなってきからなのか、久々に恋しや~と言う気分になって『龍馬伝』の絵を描いてみました☆ 高杉と龍馬、そして珍しくも西郷さん・・・三つ巴の場面は思い出すと今でもワクワクします~♪

 実は、少し前のニュースなので既にご存知の方もいらしゃるかもしれませんが、先月10月オリコンで大河ドラマの人気投票が行われて、その結果、何と『龍馬伝』が一位だったんですよ~☆

http://www.oricon.co.jp/entertainment/special/page/245/#rk

 思い起こすと『龍馬伝』、いろいろ欠点はあるドラマではありましたが、幕末と言う時代の空気や熱量、当時の人物たちをまるで生きて目の前に動いているかのように描いていると言う点では、本当に熱く革新的なドラマだったと思います。 何たってあのカッコよく美しい高杉、愛らしくていじらしい以蔵ちゃん、ど迫力の存在感の東洋様、等など、素敵すぎるキャラが目白押しでしたからね~☆ そんな自分にとって大切な宝物のような作品が一位というのはやはり嬉しくてたまりませんでした*^^*

 それで、記念に☆と思ってこの絵を描いたものの、なかなか集中できなくてノロノロ停滞。 色を塗るまでやたらと時間が掛かってしまいました。  本当はもっと早くニュースを聞いてすぐにでも上げたかったのに・・・本当にトロくてすみません! 

 さて、幕末関連の本しばらくご無沙汰していましたが、再びいろいろ読み始めたので少し紹介しておきますね。

 
司馬遼太郎の幕末維新Ⅰ 竜馬と土方歳三 (朝日文庫)

司馬遼太郎の幕末維新Ⅰ 竜馬と土方歳三 (朝日文庫)




司馬遼太郎の幕末維新Ⅱ: 『世に棲む日日』『峠』『花神』の世界 (朝日文庫)

司馬遼太郎の幕末維新Ⅱ: 『世に棲む日日』『峠』『花神』の世界 (朝日文庫)

  • 作者: 週刊朝日編集部
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2012/03/07
  • メディア: 文庫


 『週刊 司馬遼太郎』をテーマごとに編集しなおした本で、今年3月と割に最近発行されました。 司馬さんの描く小説世界や登場人物についてのエッセイが主な内容で、他に司馬さんの講演や著名人のコメントなども載っています。 

 書店で偶然見つけたときは、最初は長州を中心にしたⅡだけにしようかと思っていたんですよ。 でも、Ⅰをパラパラめくってみると、ちょうど一昨年あたりに編集されたせいか、結構大河ドラマとからめた文が多かったので、これは面白いかも~と思って二冊一緒に買ってきてしまいました。 本当のところは『竜馬が行く』もまだ一部しか読んでいないのにどうなんだろうという気もしましたが、これを読んだら小説のほうも通して読んでみたくなるかもしれませんね(笑) 巻末に児玉清さんや中村梅之助さん酒井若菜さんなど司馬作品の登場人物を演じられた役者さんの文章やインタビューが載っているのも購入の決め手でした☆


サカモト (新潮文庫)

サカモト (新潮文庫)

  • 作者: 山科 けいすけ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2010/02/26
  • メディア: 文庫


 
 ずっと昔からすごく面白いという噂をあちこちで聞いていましたが・・・大当たりでした! 西郷さんの愛犬を何気に目一杯いじめる龍馬の天然ぶりに大爆笑☆ 動物好きにこのネタは反則でしょう~笑 あとは、出番が少ないけど、雀みたいな顔をした以蔵ちゃんも人斬り馬鹿で可愛いし、高杉は何か気に入らないことがあるとすぐに火をつけちゃうし、沖田くんはいつも血を吐いてばかりいて労咳病みなのに丸々太っているし・・・よくこれだけ上手く崩したな~と思える有名な歴史上の人物たちが面白すぎて目一杯笑えます♪ ただ、新撰組は一寸崩しすぎているところはファンには要注意かも。 土方さんや近藤さんがかなり変態で腐の世界に逝(?)っちゃっています(爆)

 2010年発行と言うことは、おそらく『龍馬伝』の放映に合わせて文庫化されたんですね。 「間違えて読んじゃった人は、口直しに大河ドラマでも見てください」と書かれている作者の山科さん自身によるお茶目なあとがきも楽しくて大好きです(笑)


 そう言えば、来年の大河ドラマは会津藩中心の話ではありますが、時代が幕末~明治というところはやっぱり嬉しいな~と思います♪ 

 キャストが次々発表になるなか、一番期待大なのは、るろ剣の刃衛が滅茶苦茶カッコよかった吉川晃司さんの西郷隆盛かな~と思っています☆ 他にも奥田英二さんの佐久間象山や、生瀬勝久さんの勝海舟など、想像するとワクワクしてきます~♪ おっと、そう言えば会津の松平容保役が綾野剛さんでした~☆ これも、絶妙にぴったりなのですごくすご~く楽しみです♪ 

 ただ、松蔭先生小栗旬さんというのが、及川光博さんの桂小五郎とどうもバランスが悪いような気がして気になるところなのですが・・・まあ、それも蓋を開けてみなければわかりませんけどね~

 そうそう、小耳に挟んだ話ですが、龍馬がまだ決まっていないということで、福山さんが魂のラジオで「龍馬役のオーディションを受けに行きたい」とおっしゃっていたとか(笑) そう言えば、高杉役も未定ということなので、いっそのこと、伊勢谷さんが特別出演なんてどうだろうと考えてしまいましたよ~笑 

 何にせよ、去年も今年も大河は途中で挫折してしまってとても寂しい思いをしましたので、来年こそ大河の波に乗れればな~と思います^^ 


 何時も応援ありがとうございます!

 今回もよろしければ一押しお願いします。
 ↓

web拍手 by FC2

nice!(4)  コメント(8) 

夏は、U~MI♪ [URA]

 完全に季節外れですが、いまだ秋とは思えない暑さ続きなのでアップしてみました。 久々のDO-BUTSU RYOMADENです♪

doubutsu_umi2.jpg

 相変わらず、本編とは何の関係もないネタになってしまいすみません~汗 しかも3人がワイワイ楽しくしているだけという、ほとんどオチなしで・・・ 実はこの後、オチありの続きを描くつもりでしたが、気力と体力が続かず挫折しました^^;

 でも、もう少し元気が出たらひっそりと続きもアップするかもしれません。 お気が向いたらまたお付き合いください♪

 何時も応援ありがとうございます!

 今回もよろしければ一押しお願いします。
 ↓

web拍手 by FC2

nice!(5)  コメント(11) 

今年もHappy Birthday! [URA]

 今年もまた高杉の誕生日が巡ってきました。 『龍馬伝』の出会いから数えてもう二年と思うと、何だかとても感慨深いです。

 相変わらず暑くてバテバテなのですが、こればかりは・・・!と言うわけでささやかな絵を描いてみました。

takasugi_moonnight2.jpg


 「「わしとお前は焼山蔓 うらは切れても根は切れぬ」

 という、さきに山県に贈った自作の唄を、この男は踊りながらいい声でうたった。

 
『世に棲む日日』より


 ドラマの馬関の戦いのとき戦場で三味線を弾き唄っている姿は余りに強烈で脳裏に焼きついていますが、司馬さんの小説の、この赤村の村人たちに酒を振舞い一緒に踊る場面も実に高杉らしくて気に入っています。 今思うと、これがドラマの元ネタだったのでしょうか?
 
 それにしても、8月の今頃というと何とまあ厳しい暑さのときに生まれたものだと思いますが、これは旧暦なので実際には9月で秋の気配が感じられる頃で初秋生まれと言えるのかもしれませんね。

 でも、病弱に生まれ付いて、限られた命のなか常に胸に熱い想いをいだいて、花火のように鮮やかな人生を歩んだ彼はやはり夏の男というにふさわしいとも言えますね。

 「苦しいという言葉だけは言わないでおこうじゃないか」

 「面白きこともなき世を面白く」もそうですが、高杉の言葉は松陰先生の言葉と同様、珠玉のように何時も胸に響きます。 いや、暑くてはつらい痛くてはつらいと愚痴を言ってばかりいて駄目な私・・・と大いに反省しました^^;

 しかし、また高杉の出演するドラマ、映画などまた出来ないでしょうかね~!願わくば、再び伊勢谷さんが高杉で『高杉伝』が出来れば最高!と思うのですけど。 二年前から変わらず、未だに夢が捨てられずにいます(笑)

 何時も応援ありがとうございます!

 今回もよろしければ一押しお願いします☆

  
web拍手 by FC2

nice!(1)  コメント(2) 

大航海時代 [URA]

 もう暑くて暑くて・・・描けども描けどもちっともまともな絵が描けません~涙  そこで、今日は少し前に描いたストックの絵をお披露目です。

takasugi&ryoma_skylight_f.jpg

 さあ 旅立とう この小さな部屋から

 あらゆる国をめざして 世界へ

 屋根裏のソウルメイトのバリエーション・・・もう何枚目かと言うシロモノですが、これはかなりあちら風の一枚になりました。

 ちょっと前からイタリア熱が再燃したりしていましたからね~ それから今は本来の(実はこれでも英文科出身)イギリス熱も加わって、幕末=ヴィクトリア朝という、まあ言ってみれば、「長州ファイブ」の世界が頭の中に広がっています(笑)

 そう言えば、ロンドンオリンピックスポーツに関心がほとんどない我が家でも先日の開会式は少し見る機会がありました。

 まるで映画のような、イギリスの歴史、文化を再現した演出、それから、次々と手渡されていく聖火リレー、最後のオリンピックスタジアムの周囲を彩った花火の美しさ・・・感動で涙がこみ上げてきて、思わず、「これ、もし龍馬が見ていたらさぞ喜んだことだろう・・・」なんていう妄想が頭に浮かんでしまいました(笑) きっと華やかな祭典を見て手をたたいて喜んでいるに違いないと、そしてもちろん隣には高杉が一緒にいてなんて想像したら何だかさらに泣けてしまいました。 うんうん、きっと仲良く見ていたんだろうと・・・

 でも、ふと考えてみたら、確か龍馬・・・もとい福山さん、オリンピックの写真を撮りにロンドンに行っていたんですよね! 確か朝日新聞のFUKUYAMAアングルとか・・・今朝探してみたらありました~☆ へぇ~開会式撮るのが4回目!?ホント写真上手ですよね~会場の熱気がじかに伝わってくるようです。

 Web検索したとき見つけた福山さんの言葉が素敵~と感動したので、少しだけ引用します。

「ロンドンには数回行ったことがあるだけで、何が撮れるかはわからない。でも、五輪には、そこに行けば必ず何かがある。こちらから無理に接触しなくても、アスリートが放つ根源的な人間のエネルギー、そこに熱狂する観客、さらにはそれに引き寄せられる経済。そのすべての「熱」が、僕にとっての五輪なんです。」

 ものごとを理屈ではなく自然に接してその本質を肌で感じ取るというところが、やっぱり龍馬だな~とまたまた勝手な妄想を飛ばしてしまったり(笑)

 折角の感動的な世紀のイベントに妙な妄想すみません~ でも、ひとときの夢が見られて幸せでした♪

 そうそう、福山さんの写真コラムは、8月末に発売の『AERAムック』で特集されるそうです。 朝日新聞を取っていない方には特にお勧めかもですよ~
 
福山雅治×ロンドン五輪 (AERAムック)

福山雅治×ロンドン五輪 (AERAムック)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2012/08/30
  • メディア: ムック


 しかし世紀の祭典の熱気を受けたかのように、暑い日はまだまだ続きそうです。 予報によると、8月上旬がピークになるとのこと、そこをどう乗り切るかが勝負の鍵ですね。 私は、高杉も読んでいたという『英国史』でもゆるゆる読むことにしますか~笑  皆様もどうかくれぐれもご自愛くださいませ。


 いつも応援ありがとうございます!

 今回もよろしければ一押しお願いします。
 ↓

web拍手 by FC2

nice!(4)  コメント(11)