So-net無料ブログ作成
検索選択

花燃ゆ~第13話 [ドラマ]

shouin_hanamoyu.jpg

 3月、花粉症対策がやっと板についてきたと思ったら、今度はまた胃腸の調子を酷く悪くして一ヶ月近くのたうち苦しんでいました。 もう、今年は健康面でず~っと祟られています><

 ようやく、少し体調が上向いてきたので、この間にもうずっと書きたいと思っていた『花燃ゆ』の感想を~と久々に筆を取りました。 すっかり出遅れてしまった上に、つたない感想ですが、よろしければお付き合いくださいませ☆

******************************************************************

 さて『花燃ゆ』―いろいろあって大体2週遅れくらいですが、毎回欠かさず見ています。 ほとんど史実が残されていないヒロインの文ちゃんが時に出しゃばり過ぎるところは大いに引っかかりますけど(笑)、松下村塾の塾生たちが真剣に生き生きと学ぶ姿を見られるのは嬉しいし、何たって伊勢谷さんの松陰先生がハマリすぎ!というくらい松陰先生そのものなところが素晴らしいです~☆

 伊勢谷さんは『龍馬伝』のときも高杉その人というくらい魂がこもっていましたが、今やもう実際の肖像画を見ても伊勢谷松陰にしか見えないから全く不思議ですね~(笑) 聞くところによると、伊勢谷さんはかなり松陰先生ラブ☆で「諸君狂いたまえ」とか「君」とか「僕」とかの台詞もノリノリでホント板についているなぁと感心します。

 振り返ると、第1話の軍事演習を指揮するかつてないほど凛々しい兵法家として描かれていた松陰先生、本当カッコよくてしびれました! それから、幼少期の体験から学ぶことの真髄を語る澄んだまなざしも素敵でした。 初回は大きな物語のうねりを感じさせてなかなかよい導入部だったと思います。 それから他に印象に残った回としては、野山獄で、獄中の人々が皆キャラ立ちまくりで親密に交流している様も生き生きと描かれていて好きでした。

 そして、表題にもある第13話「コレラと爆弾」

tamehachi_hanamoyu.jpg

 医師の家系に生まれながら爆弾作りに没頭する小野為八。 『カーネーション』の記憶が新しい星田英利(旧:ほっしゃん)さんの乱れ髪で小鬼のような容貌がなかなかのインパクト☆ 幕末の純朴な若者の雰囲気が出ていてよかったと思います。 今年の大河はイケメンぞろいと言いますが、のぺっとして整った顔ばかり並べられるよりは、かえってこういう人がいたほうが、リアルで存在感が感じられると思うんですよね~ 彼と、コレラの治癒にあたって病に倒れた父との別れの場面は切なくて思わず目頭が熱くなってしまいました。

 そして、その後の父の代わりと松陰先生を背負っていくところも泣かせましたね~!

 ずっと幽囚の身であった先生が、野原の真ん中で「降ろしてくれ」と言い、地面を踏みしめ、天を仰ぎ、「この一歩から」と言い地を駆けていく姿は本当感動的でした! 広い世界に対して開かれた目、自由への希求、彼の切実な想いがあふれるようにこの胸に迫ってきました。 

fumi_hanamoyu.jpg

 夜明けの空に立ち上る爆弾の黒煙を遠くに眺めながら「旦那様・・・あれはいかなる火になるのでしょう」と呟く文ちゃんのちょっと儚げな表情も、夫の久坂の悲しい運命を暗示させて心に残りました。 やがて彼も戦いにその身を投じて若い命を散らすことになるんですよね・・・ いや、私にとっては問題児というくらい登場するといろいろある文ちゃんですが、この回の彼女はちゃんと幕末に生きる女性に見えて素直に感情移入出来ましたよ~

***************************************************************

 ・・・と、割に好意を持って見てきた『花燃ゆ』ですが、今日第14話を視聴して急転直下、あまりに現代的な演出にがくっと来てしまいました^^;

 お父上が松陰先生を殴っちゃうところとか、う~ん、あそこまでホームドラマにしていいのか?とか、 現代風アレンジが効き過ぎて、あれじゃあ先生が周りの皆にいじめられているようにしか見えないよ~とか☆ 前回はあんなに盛り上がったのに~本当山あり谷ありですね!
 
 そう言えば、来週にはもう松陰の遺言だかの副題が付いていて、いよいよ退場の時期が間近なんだと思うと本当寂しくて! 先生の最期はきちんと見届けなければと思いますが、彼の死後は久坂では牽引力が弱いし、視聴し続けるかどうかちょっと危うくなってきました。 

 いや、東出さんは長身なところも顔立ち的にもなかなかイメージに合った人を持ってきたな~と最初は感心しましたが、実際見てみると久坂というには優しすぎてちょっと勢いがないというか・・・あの声質ですかね~英雄っぽさは余り感じられません。 それに彼も禁門の変で早々に亡くなってしまいますしね~

 それより、今(第14話)のところ完全な脇役の高杉にもうちょっと頑張ってもらわないと~なんて思っています。 高良さんの高杉のこれからに期待します☆


 ご訪問ありがとうございます!

 よろしければ一押しお願いします☆
 ↓

web拍手 by FC2

nice!(8)  コメント(17)