So-net無料ブログ作成

るろうに剣心 京都大火編 [るろ剣]

kenshin_taika2.jpg

 猛暑でぐったりしていたら今度はがくんと気温が下がる寒暖の差にバテバテで、すっかり出遅れてしまいました。 ようやくるろ剣 京都大火編の感想です☆

 すでに3回劇場に足を運び、本当はもっと早く感想書きたい!と思っていましたが、もう~とにかく絵が描けなくて・・・(涙) 結局満足とは程遠いのですが、これが今出来る精一杯ということでお付き合いいただけたら幸いですm(_ _)m 

 いや~前作もすごい!と目をむいて感動しましたが、今回のアクションはさらに数倍パワーアップ☆ スピード感のある見事な殺陣が怒涛のごとく!本当息をつく暇もないくらいでした。  とにかく、原作の京都編が長丁場で、それをわずか5時間弱にまとめようというのですから、まさに見所が満載という感じで、密度の濃~い場面の連続でした☆

shishio_taika2.jpg

 まずは冒頭の斎藤一ひきいる志々雄討伐の場面

 ちょっとホラーかと見まごう展開とゾクゾクするような映像美に、前作同様、いえ、前作以上に引き込まれました! 燃え盛る紅蓮の炎の中に消え行く、志々雄一派の揺らめく残像を見ながら、もう目がうるうる状態でした。

 藤原竜也さんの志々雄は、正直、雑誌等でスチール写真を見ていた段階では、衣装やメイクがグロすぎ!とほとんど期待外でしたが、地の底から響くような凄みのある声、ご本人より一回り大きく見える堂々たる立ち姿とすべてが圧倒的で、最狂の敵の名にふさわしいカリスマ性で心底感動しました! 本当、舞台経験の豊富な俳優さんの実力が存分に発揮されていました☆

 それから佐藤健くんの剣心☆ですが

kenshin_taika_B.jpg

 動の部分、アクションがさらに磨きがかかったのは言うまでもなく、静の部分もふくめてより剣心という役が完全に板についてきたな~と思いました! 表情もさらに繊細に、ヒーローとしての風格もいっそう増してもう完璧に剣心その人がそこに生きて存在していました

 それにしても、前作は初々しい少年らしさみずみずしさにあふれていましたが、それに比べると今回はぐんと精悍さもまして大人っぽく、本当に漢らしくヒロイックな剣心でした☆ 新月村のエピソードで少年を導くところ等、優しさと厳しさに満ちていて本当感動的でしたvv

 あ、そうそう、健くん、背が少し伸びて体格が立派になってきたのかな~と思ってWikiを見ると・・・おぉ、172cm!成長しましたね~!

aoshi_taika.jpg

 そして、今回個人的に大大注目の蒼紫ですが、伊勢谷さんの蒼紫は二次元から三次元の出てきたような、まさにリアル蒼紫で!! もう超カッコよくて大興奮でした~=><=

aoshi_taika_appearance.jpg

 登場シーンからして日本人離れしたスーッとした長身にクールで端正な顔立ち、人目をひく長刀を持つ姿もまあ見事に決まって惚れ惚れvvv  そして、登場して間髪いれず左之助をぼっこぼこにするクレイジーさ!思わずきゃあきゃあ言って見入っていました☆

 本当、全編ほとんど「抜刀斎はどこだ?」しか言わないくらい頭のネジの外れぐあいが、抜刀斎大好き人形って感じで、その昔、剣心×蒼紫の二次を描いていた身としては大受けでした(爆) ・・・いやマジで狂気の表現は素晴らしくて、とくに、翁との戦いのシーンの前で長い前髪の間から覗く闇夜に光る黒い目が・・・ほとんど人間じゃないように思えて、見ていてゾクゾク☆ 伊勢谷さんは高杉のときといい、こういう戦闘時の人間離れした雰囲気を出すのが天才的にお上手ですね~!

 惜しむらくは、蒼紫の背景ですが、ほとんどオリジナル設定に変えられていて、原作にくらべるとやや平面的にみえたのは、原作ファンとしては少し残念に思いました! 原作では前作描かれた観柳編の時点でとっくに登場していて、当然剣心とも出会いもすでに果たしていて、もっと深~い因縁があるはずなんですよね~ お庭番の仲間の殺され方も官軍側が一方的に悪人、という単純な構図になっていて、いやがおうもなく時代の変化の波にのみこまれて悲劇的状況に陥ってしまったという原作の状況とくらべると、やっぱり深みが足りないと思いました。

 ・・・とついいろいろ文句たれてしまいましたが、なにぶん後編がまだ控えているので、すべては後編を見てからもう一度感想を述べたいです☆ 操との心の交流もあるはずですし、蒼紫というキャラがもっと深く描かれるはず! 本当伝説の最期編が待ち遠しいです!!

okina_taika.jpg

 そうそう、田中 泯さんののいぶし銀のような渋い魅力にもすっかりやられてしまいましたよ~☆

 原作の顎ヒゲにリボンというひょうきんな部分はどうするのかと思っていたら、さすがに完全カット(笑) 一見穏やかな好々爺の表情の下にお庭番の長老としての風格と実力を秘めた、もう完全にシリアス翁で攻めて来ました!!

 後半の京都大火のシーンはスケールもアクションも圧倒的ですが、もうひとつの影のクライマックスとも言うべき、葵屋での蒼紫との対決は、到底69歳のご老体とは思えない身のこなしと気迫! 一方、戦いっぷりだけでなく、なにげない普段の立ち居振る舞いにも美しさがにじみ出て、最後蒼紫にやられて倒れるその倒れ方でさえも見事で、さすが長年ダンサーとして名を成してこられた方は違うと思いました☆

 いや~、葵屋の蒼紫vs翁戦は動きの激しさとともに、重厚さもあって、二人が腕をむき出しにして戦うところは本当に目の保養♪ 途中で蒼紫が上着を脱いだところでは「出た~っ生腕~!!」とはしゃいでしまいました(笑) いやいや本当、見事に美しい肉体がぶつかり合う迫真の戦い、大興奮でした! あ、蒼紫の回天剣舞六連もばっちり決まっていましたね~♪ 

misao_taika.jpg

 そして、ちゃん!土屋太鳳さんの熱演も光っていました! 登場時の剣心相手のコミカルなアクションや明るい笑顔、クライマックスの女だてらの奮闘ぶりやあざやかに決まる飛び蹴りは、息苦しくなるほどシリアス続きのお話の数少ない癒し、スカッとする清涼剤でした☆

 土屋太鳳さんといえば、今の朝ドラの桃ちゃんの好演はもちろんのこと、龍馬伝の乙女姉やんの少女時代の素朴で純な少女のけなげさは今でも強く心に残っています。 あのけなげさ純粋さが、きっと後編生きてくるんだろうな~と思うと・・・伝説の最期編がさらに楽しみです!

soujiro_taika.jpg

 そしてそして、「完璧」と言う意味では剣心と一二を争う、神木隆之介くんの宗二郎も本当にお見事でした☆

 大久保卿暗殺の場で馬車に飛び乗るところも、「はじめまして」と言う笑顔も、新月村で剣心と手合わせしたところも、原作そのものを見ているかのような再現性! ニコニコ笑顔で虫も殺さないような可憐な顔して恐ろしいことをさらっとやってのける不気味さ、得体の知れないところも本当に想像以上にぴったりハマっていました☆

 そんな普通の人間らしい感情をどこかに置き忘れたような彼が、今もう流れている伝説の最期編の予告を見ると、後半剣心と相対したとき感情を爆発させるところが出てくるんですよね~ ああ、ものすごく楽しみ!!

 そう言えば、インタビューを読んで知ったことですが、神木くんは昔から宗二郎の大ファンで、るろ剣の映画の第一作の公開された時すでに自分は絶対宗二郎になる!と心に決めていて、その時点でもう縮地の練習を始めていたそうなんです! それに、PASMOの登録も「瀬田宗二郎」の名前でしているんだそうで、何てクレイジーなくらいの心酔ぶり!と感動しました☆ そんな彼が、映画の中では一切触れられないという原作の悲惨な過去をふまえたうえで、宗二郎というキャラクターをどう演じきっていくかは、私的には大注目しています><

 と、ここまでいろいろと登場人物中心にとりとめもなく書いてきましたが、まだまだ書き足りません~!! 

 そうそう、江口洋介さんの斉藤一も前作以上に牙突も煙草を吸う姿もバッチリ決まって斉藤度がアップしていたことも、それから、青木崇高さんの左之助もよりパワフルでコミカルなバイプレイヤーぶりや京都で再会したときの剣心への熱~い友情もすごくよかったです!

 それから、十本刀の一人刀狩の張くんも、原作の張にくらべると可愛く男前さんなのですが、アクション、表情などで張というキャラクターが強烈に演じられていたと思います☆ 三浦涼介さんはライダー系の役者さんだそうですが、さすがにアクションもお手のものですね~ 志々雄配下の悪党なのに何故か憎めない敵役の張くん、いや~原作以上にチャーミングで気に入りましたvv(笑)

 最後に、全体のストーリーの流れについて少し言わせてもらうと、冒頭の志々雄討伐、大久保卿暗殺、新月村の事件、宗二郎との戦いで逆刃刀が折れて、張との戦いで新たな逆刃刀を得る展開は、やや詰め込んだ感はあるものの、なかなかドラマチックに上手くまとめていて、その後の京都大火の市街の攻防戦も圧倒的な迫力で魅せてくれました☆

 ただ、わずかに引っかかったところは、クライマックスで薫がさらわれたところだけですね。 原作にはないエピソードというのもありますが、前作の映画の後半も薫が拉致されて・・・という展開だったので、え~っ、また~??とちょっとワンパターンのように感じてしまいました。 ちょうど剣心が海に落ちた薫を追うように海に飛び込むところを見て志々雄が「なんだ心中ごっこか!がっかりだぜ」と言っていましたが、その台詞を聞いたとき、まんま私の心の声を代弁してくれているような気持ちになりましたよ~^^; 

 でも、あれもこれもいろいろ言ってみましたが、すべてが後編を見てからと思います! 予告編を見たところ、後編はかなりオリジナルの要素が強くなるみたいですし、余り原作原作言わないで、できるだけ独立したひとつの作品として、純粋に楽しみながら鑑賞したいです♪ 

 そう言えば忘れていましたがもうひとつ!最後に登場した福山さんの比古師匠も! 何やら剣心を鍛えなおすそうですが、果たして剣心より強い最強の剣豪に見えるのか?というところに若干不安を感じつつも、健くんとのアクションを楽しみに待とうと思います(笑) (あ、気が付くと公開まであと6日足らずですね~☆) 


 長々とした感想を読んでいただきありがとうございます!

 こんなものでも、もし気に入っていただけたら一押しお願いします~☆
 ↓

web拍手 by FC2

nice!(4)  コメント(10) 

nice! 4

コメント 10

さにー

素敵な絵ですね。神木くんの宗二郎。すごく、素敵な絵です。

あっという間に、伝説の最期編の公開が間近になってきましたね。早いですね。

謎の男が出てきた時は、一瞬龍馬伝に気持ちが飛んじゃって、以蔵が桂浜に逃げて流れついて龍馬が助けたのかと思いました。(笑)

お師匠さんらしいですね。多分、心配と言うか不安もありますが、
大丈夫でしょう。大友監督だから。(笑)最強に見えると思います。

伊勢谷さんの蒼紫さんは、抜刀斎どこだ〜!で追っかけかストーカーのようでしたね。でもかっこいいから許しちゃいます。翁との闘いも凄かったし。あのコートのような服は伊勢谷さんじゃないと着こなせないと思います。

伝説の最期編の方はオリジナルの部分が多いそうです。それでも世界観を壊さなければいいのじゃないでしょうか。役者さんみんな頑張っていますし。京都編のアクションは千点あげてもいいですね。アクション映画としては、CGに頼らない分、素晴らしかったです。

薫ちゃんはまた攫われちゃいましたね。私も志々雄の、心中ごっこかよ!には頷いちゃいました。まあでもそうしないと浜辺に最終的に流れつかないし。パイレーツオブカリビアン!のようなエンディングでしたが。(笑)薫ちゃんはどうなったのでしょうか。剣心は助かったけど。(笑)なんだかんだで、後編に続くなんですよね。もうすぐですね。楽しみにしてます。






by さにー (2014-09-09 22:42) 

tatchan

*さにーさん*
こんにちは♪
前回に引き続き、ご訪問と沢山のコメントありがとうございます!

絵も見ていただき嬉しいです^^
でも、こんなすごいアクション映画なのに
アクションシーンの絵が一枚も描けなかったのが心残りです。
あまりに動きが激しすぎてどうしても拾えなかったというのが実情ですが
伝説の最期編ではぜひリベンジしたいです!

>謎の男が出てきた時は、一瞬龍馬伝に気持ちが飛んじゃって、以蔵が桂浜に逃げて流れついて龍馬が助けたのかと思いました。(笑)

やっぱりあれは以蔵を助けている龍馬だったんですね~笑
そうするとあの海岸は桂ケ浜ですか?
いや本当のところ、福山さんの師匠に関しては
ラストのわずかしか登場していないので
どうしてもまだ「龍馬」と思ってしまいますよね(笑)

伊勢谷さんの蒼紫はまさにストーカーでしたよね☆
その点では原作でもそうなんですけど
5割くらいストーカー度が増していたのは確かですね(笑)
本当あのコート姿は決まっていました!
原作以上に重ね着がすさまじかったみたいですが
なんでもないという顔をしてクールに着こなしていましたね~
なんと撮影は真夏だったそうですが!!
本当、現役でモデルのお仕事をこなしていらっしゃる伊勢谷さんだからこそ
あんなに素敵に着こなせたんだと思います☆

アクションには千点は全く同感です~☆
CGに全く頼らないというところがやっぱり素晴らしいですよね!
役者さんたちが命を削って頑張ったからこそ
心を打つというか魂に響くものがあるんだと思います。

まあ、確かに浜辺に流れ着くためには、薫ちゃん拉致はしかたがないですか^^;
私も3回見るうちにかなり慣れてきましたけど
一回目のがっかり度が結構激しかったので
つい感想にそのままの気持ちを書いてしまいました(笑)
そうですね~薫ちゃんはふらふらした映像が一部流れていますが
本当にどうやって助かるんでしょう~?
そういうことも含めて、オリジナル度が高い後編ですが
本当できるだけ心をまっさらにして見たいですね(笑)
大友監督も脚本に一番時間をかけたとおっしゃっていましたし☆

また後編の感想も、たとえ遅れようと必ず書きますので
再びお付き合いいただけると嬉しいです^^
by tatchan (2014-09-11 18:22) 

tatchan

*sanaさん*
こんにちは♪
ご訪問、そしてナイスもありがとうございます!
by tatchan (2014-09-11 18:23) 

sana

素敵な絵ですね~!
さらに迫力を増した作品の雰囲気を感じ取らせていただきました。
猛暑が終わっただけほっとしております。
でもこういうタイミングで体調崩しやすいので、あちこち‥
なかなか濃い内容に対しては感想が書けなくて遅くなりました。

たけるくん、目つきといい、大人っぽくなったようですね~。
テレビで見ていると素の表情は変わらないですが。
あ、背は伸びたかも。
藤原さんが一緒にいるところを番組でやってるのをちょっと見ましたが、可愛がってる様子でした。大作の主役の重圧を若いのに一人でちゃんと背負って立ってると褒めていました。

蒼紫‥ストーカーぽいんですね。
う~ん、想像するだに、よさそう‥(爆)
そういう組み合わせに出来る関係なんですね☆
彫りの深さと表情があいまって、なかなか他の人には出来なそうなキャラクター性を感じます。
このシルエット、人間離れした雰囲気はぴったりなような。
伊勢谷さんもトーク番組で見ましたけど、子供の頃からよく人に変わってると言われると、自分ではわからないとか^^;

田中さんも出てるんですか!
そして、師匠に‥?
なんかパラレルワールドみたいで、ちょっとクラクラしますが。

太凰さんも良い女優さんですよね。
お姉さんの子供時代ってもう忘れてました‥そうでしたか。
神木くんもそんなにいいんですか~!
もう後編ご覧になったのかな。
大興奮でしょうね~^^
また楽しみにお待ちしております。
by sana (2014-09-13 18:23) 

tatchan

*sanaさん*
こんにちは♪
本当今年の夏は猛暑だったので、最近になってようやく一息つけるようになりましたよね~
でも、かえって体に疲れが出ちゃうというのはわかります~
お体大変なところ、沢山のコメント本当に恐縮ですm(_ _)m

イラストも見ていただきありがとうございます~!
描いている最中はひたすら駄目駄目~と思って絶望していましたが
それでも何とか精一杯のものが見ていただけてよかったです^^
ただ、アクション映画らしい絵が一枚も描けなかったのが本当心残りで
後編の感想のときは是非リベンジをと思っています☆

健君、やっぱり大人びましたよね~
いや、実は雑誌のインタビュー記事で伊勢谷さんと一緒に並んでいる写真があって
あまり身長差がないように見えたので調べてみたんです。
伊勢谷さんは180cmちょうどくらいなので、健君、172cmだと8cmしか違わないんですね。
男の人の身長って二十歳過ぎてからも結構延びることがあるというので
彼はまだまだ延びるかもしれませんね~
ちなみに原作の剣心の身長は158cm、蒼紫は182cmで
かなりの差があるんですよ。

>蒼紫=ストーカー

そうなんです~原作ファンで映画見て文句言う人が居るみたいですが
原作はもちろん立派なストーカーですし
アクション監督の谷垣さんもインタビューで
「剣心LOVE」なんて書いておられるし、もうしっかり公式なんですよ~(爆)
実は、後編先週末すでに見てきたのですが
引き続き、いじらしいまでに立派なストーカーぶりを発揮していて
さらに盛り上がりました(笑)

蒼紫のキャスティングの決め手は、とにかく「かっこいいこと」だったそうですが
伊勢谷さんは、かっこよさはもちろんのこと見るからに「特異」な感じがして
その点、10年間決して人と交わることもなく剣心を求めて独り放浪していた孤高の蒼紫にぴったりだったと思います。
それにしても、あの長刀やコート姿、カッコいいですけど
つけまわすには目立ちすぎですよね(爆)

あ、そのトーク番組☆たぶん同じのを見ました!
お友達からしきりに「変わっている」って昔から言われていたみたいですね~笑
自覚がない天然なところもまた可愛いですよねvv

>なんかパラレルワールドみたいで、ちょっとクラクラしますが。

そうなんですよ~東洋様も出ているし後藤様も出ているし
もうほとんど『龍馬伝』のスピンオフだと思います(笑)
いや真面目な意味でも、大友監督の脚本だそうですが
テーマ的にも『龍馬伝』の世界とのつながりがしっかり感じられます☆

そう、後編もう見てきましたが、前編よりさらに数倍パワーアップしていて
大興奮でした!
余り興奮したので、体がかあ~っと熱くなって
上着を脱いでしまったくらいに(笑)
感想は時間が掛かりそうですが、必ず書き(描き)ますので
また読んで(見て)いただけると嬉しいです^^
by tatchan (2014-09-16 17:05) 

さにー

伝説の最期編、観てきました。もちろん面白かったです。アクション、最高!アクションだけって評価もありますが、アクションが物語る映画です。と私は評価したいです。アクションに2千点!京都大火編と合わせて!(笑)

心配の?師匠のくだりは、ルークとヨーダの修行シーンが哲学的でなかなか長かった思い出があるので、私としては、奥義、これで会得できたの?と逆に心配になりました。(笑)一応、師匠に見えたし。(笑)ただ、大友監督は、龍馬のきれいな顔のアップが撮りたいんだなあ、と。改めて思いました。俊敏で華麗な剣心と比べて、師匠の殺陣は重みがあったのじゃあないでしょうか。

蒼紫さんはストーカーぶりが更にヒートアップしてましたね。アクションも素晴らしかったですが、剣心と対戦して負けて、葵屋に戻って、ちょっとしょんぼりしてた蒼紫さんが、可愛いなあと思いました。あれから、どうやって、煉獄に乗り込んできたのか!それだけで、一本映画にしてほしいです。「誰だお前」って志々雄に言われようと、剣心を追っかけ!に徹してる蒼紫さん。最後の4対1じゃあ卑怯じゃんとも思ったけど、志々雄、物凄く強いし。藤原竜也の快演は、圧倒的でした。

佐藤健くんが本当に剣心そのもので。時代が彼を選んだのだと思いました。るろうに剣心、三作、とっても面白かったです。








by さにー (2014-09-24 19:47) 

tatchan

*さにーさん*
再びコメントありがとうございます!
しばらく体調が下降気味でレスが遅れてすみませんm(_ _)m
また感想も遅れているし、本当情けないです~

最期編、本当に最高でしたね!!
アクションの熱量がすごくて、大友監督が「大火編は前置き」
と言っていた意味がよ~くわかりました。

>アクションが物語る映画
まさにその通りだと思います☆
命がけと言えるほど激しいアクションにこめられた感情や情念に圧倒されて
もう自然と涙が出てきました。

>奥義、これで会得できたの?と逆に心配になりました。(笑)
確かに、肝心のところはやはりカットされていましたよね(笑)
でも、福山さんのアクション自体はとても頑張っておられたと思うので
一応よしとしときましょう(笑)

確かに、やはり龍馬伝のこともあるし、大友監督としては
また福山さんを撮りたいという気持ちは強かったでしょうね。
そうそう、大友監督がゲストに招かれた魂のラジオでもたしかそんなことを
話されていたように思います。

>剣心と対戦して負けて、葵屋に戻って、ちょっとしょんぼりしてた蒼紫さんが、可愛いなあと思いました

蒼紫は本当~っに可愛かったですね~=><=
剣心にさとされ、そして、操ちゃんにまで・・・爆
原作とは一味違う蒼紫でしたが、私的には大大満足です!

>あれから、どうやって、煉獄に乗り込んできたのか!それだけで、一本映画にしてほしいです。

いいですね~!!
それににしても、かなり満身創痍なのに助けに来て
何てけなげな人!と思います。
抜刀斎は俺が・・・の台詞も、本心として聞いても美味しいし
照れ隠しとして聞いてもまた美味しいです(爆)

本当、志々雄の強さはほとんど怪物ですよね!
最期はまたすべてをかっさらっていくほどの名演技で
完全にもっていかれました☆

まだまだいろいろありますが、ぐっと抑えて(笑)
またちゃんとした感想で書きたいと思います。

そのときまたお付き合いいだだけると嬉しいです^^
by tatchan (2014-09-30 17:05) 

tatchan

*RodorigesEXさん*
こんにちは♪
ご訪問、そしてナイスもありがとうございます!
by tatchan (2014-09-30 17:08) 

tatchan

*おぉ!次郎さん*
こんにちは♪
ご訪問、そしてナイスもありがとうございます!
by tatchan (2014-10-13 18:32) 

tatchan

*ゆゆさん*
こんにちは♪
ご訪問、そしてナイスもありがとうございます!
by tatchan (2014-11-02 19:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。